FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バクテリア剤の功罪

 「硝化」のプロセスを意識したろ過システムを構築した方が魚にも優しい、飼育者の手間も省ける、そういう方向に業界がシフトしていったのはいいことだと思うんだよね。功罪の「功」ですわな。

 もちろん、そういうプロセスを意識した商品を売ることができるからって意図はあって、メーカ・業界としてはうまく需要を作り出した感じなわけですが、まあいいでしょう。

 問題はそのあとなんだよね。「バクテリアを積極投入しましょう」的なところ。ここが怪しいんだな。功罪の「罪」だと思うんだよね。

 メーカ側が説明する硝化のプロセス、特に各プロセスでどんな微生物が役に立ってるのかって・・・きちんと説明できてるわけじゃないんだよね。つーか、メーカも十分に理解できてなかったんだな。

 メーカや業界は、土壌(というか…畑とか)中での硝化作用の理屈を、水槽内でも同じだろうってことで適用したんだな。で、そのプロセスで活躍するはずの細菌群を培養して売り出すにいたったわけだね。昔は知見も少なかったから、仕方ないといえば仕方ない、妥当と言えば妥当って感じだけど。

 ところが、実際のところは…メーカの売り文句や飼い方指南には一切出てこなかった「古細菌」が、フィルターの中で相当頑張ってるって研究結果が出てきてるんだよな。

 しかしメーカは、この「古細菌」の話題にあまりついてきていない、というか対応できていない。古細菌の培養はまだまだ確立途上だからね。なかなか商売にできない。

 商売にできないうちに、「フィルターの中では古細菌が頑張ってます!普通のバクテリアはあんまりゴニョゴニョ」なんて声を大きくして言えないよね。自分で首絞めてどうすんのって。

 だから、古細菌の存在なんか無視するかのごとく、従前どおりの硝化プロセスを説明し、せっかく確立した有用(のはずだった)細菌群を売るしかないんだな。まあ、まったく役立たずというわけでもないだろうし、毒にはならないだろうし、許容範囲と言えば許容範囲かな、ってところだね。

 しばらくして、硝化プロセスに関与している古細菌の分離・培養が確立されたら、売り出すと思うよ。「実は古細菌が頑張ってました!これからは古細菌です!」って、センセーショナルな感じでね。

 っていうかね。
 よくわかんない培養液に浸った、生きてるのかどうかも判然としない「硝化に役立っているであろう」細菌群よりね。
 うまく回っていて、病害金も病害虫も出ていないような水槽・養魚池のフィルターの汚泥やフロックを、新鮮なまま売ってほしいわけですよ。僕はね。
 実際に、水槽の環境を支えている微生物がびっしりいるのは確実で、定着の可能性も高いだろうし、意図的には培養できないような細菌、古細菌もちゃんと入ってるだろうしね。
 エビとか魚を買った時のように、「死なないように」「フレッシュなまま」梱包してくれたらベストだね。

 まあ、そんなことしなくても、空気中にはおびただしい微生物が舞っていて、その中には硝化の一助となるやつもいっぱいいるわけでね。そいつらはもう、必然的に水槽内に入ってくるわけですから、のんびり待てばいいんですけどね。セッカチさんは、待てないかもしれないけどね。

スポンサーサイト

水槽内への炭素源の投入

脱窒を盛んにするため、脱窒を行う細菌を活性化することを目的に、彼らのエサとなる有機物を投入することがある。

しかし、いきなりドバッっと入れてはいけない。

亜硝酸酸化細菌は有機物が増えると調子を落とす。というか死んだりする。

はじめは極々少量から、徐々に増やしていって馴化させないと、下手すると水槽崩壊というオチもありうる。

ろ材

濾材に求められる基本的な性能は、

①バクテリア等が定着し、バイオフィルムが形成され、しかもはがれにくい表面構造

②体積あたりの表面積が(そこそこ)広い

③生体に影響を与える成分の溶脱が無いか、極めて少ない

④個々の濾材間の間隔が確保でき、通水を阻害しない

この4つ。

有害物質の吸着やミネラルの供給などは、あくまで付加的な機能であり、重要視する必要はあまりない。


①は、濾材として売られているものなら概ね担保される。
 鏡面のようなツルツルの濾材はさすがに売っていない。
 プラ製の濾材の表面はやや平滑だが、台所にあるプラ製の三角コーナーや、水槽中の給排水パイプにすぐヌルヌルが形成されることからして、バクテリア類の定着に支障はないと考えてよい。

 砂利や破砕陶器、軽石など濾材として売られているものではないものも、①の条件は満たす。実際、活用してよい水槽を維持している人もいる。

 硬質濾材だけでなく、ウールやスポンジなどの微細な網目構造も有能。


②は、状況に応じて考える必要がある。
 体積当たりの表面積を最大にするには、濾材1個の大きさをどんどん小さく、粉状していけばよい。しかしあまりに小さくすると、すぐに目詰まりしてしまい、④の条件を満たせない。
 水が汚れやすい条件や、外部フィルターのような断面積の小さい筒状の濾過槽を用いる場合では、表面積を少々犠牲にしても、通水性の高い濾材を採用すべき。
 逆に、水がそこそこ綺麗で、大きな水槽での底面濾過のように大面積をもって通水できる場合は、ある程度細かくしてもよい。

 また、濾材の表面の微細な凹凸が、あまりに微細すぎると、バイオフィルムに埋まってしまい、表面積の確保には貢献しなくなる。そういう微細な凹凸はむしろ、①のバクテリアの定着の方に貢献するだけ。
 肉眼で見える範囲の形状で、表面積が確保されているか否かを判断する程度で支障はない。

 リング濾材や、表面に大きめの突起やヒダを付けたボール状のもの、プラ製の複雑怪奇な形状のもので十分。
 


③は、なかなか見極めが難しい。

 未処理の大磯砂やサンゴ砂が、淡水下では水質をアルカリに傾けることは有名。これはさすがに回避できる。

 しかし、シポラックスのように、さもよく検討・設計されたような濾材でも、そのまま投入するとpHをアルカリに引っ張るものがある。

 陶器破片はおおむね良好(産地、焼き方によっては、とんでもないのがあるかも)。ただし、釉薬のところが多すぎると、①が満たせなくなるかも。

 軽石は産地や処理によりけりなところが多いようで、安定しない。
 火山から噴き出し、いい塩梅に発泡した状態になった岩石が軽石。語弊を恐れずに言えば、軽石とはそういう構造を示す言葉。元になった鉱物が何かは、地域により様々。噴出から比較的間もないフレッシュな軽石もあれば、長年風雨にさらされた、枯れた軽石もある。
 ということは、水に何かが溶け出すかどうかは、「軽石」という言葉からは何も読み取れない。「どのような」軽石なのかがわからなければ、濾材としての評価は難しい。

 とりあえず評判を調べ、処理方法が判明しているか、処理の必要が無いと判断できるものを用いるのが無難。
 
 新製品や他分野からの流用の際は、水にしばらくつけて、せめてpHくらいは計測して、水質への影響を推測しておくべき。


④ボール状、リング状の濾材は比較的大きめの空隙ができることになるので、通水性はあまり気にしなくてもいい。

 スポンジ濾材は、ある程度の硬さ(弾力)をもっていると濾材間の空隙が確保できるが、あまりに腰の無いものは次第に詰まることがあるので注意。

 小さな砂状・パウダー状のものは目詰まりが激しい。大面積の底面濾過くらいでしか活躍してくれそうにない。
 ウールの生物濾過はけっこう侮れないが、バイオフィルムの発達やごみの付着で目詰まりし、通水性が失われ安い。

 特定の流路ができ全体に水が回らなくなる、いわゆるチャネル現象は、多かれ少なかれ発生する。濾材の形状だけでは、チャネル現象発生の多寡は予測できない。流量や、濾材の敷き方にも左右される。考えても無駄なところがあるので、とりあえず使ってみて、バイオフィルムの付着具合や色から、水が当たっているかあたっていないかアタリをつけるくらいが関の山か。

バクテリア?


ニトロソモナスが云々とか、ニトロバクターが云々とかいうことは考えなくて良い。
最近の研究では、フィルター内ではこれらのバクテリアはあまり役立っておらず、むしろこれまで無視されてきた(知られもしなかった)古細菌が頑張っている例が多いという報告もある。
自分の水槽にどのようなバクテリアや古細菌がいるか、個人レベルで検出・同定できる人はごく少数だ。
ニトロソモナスが頑張っている「はず」
ニトロバクターが増えてきた「はず」
でしかない。


だから、硝化バクテリアの名称なんぞにこだわる必要はない。

理解すべきは、大まかな生物濾過のメカニズムだけでよい。

タンパク質が分解されるとアンモニアが出る。
アンモニアは亜硝酸塩になる。
亜硝酸塩は硝酸塩になる。
水槽内ではやや難しいけど、硝酸塩は再び亜硝酸を経て窒素になる。

分解の過程には、微生物が関与している。
どんな微生物が関与しているかは、状況による&はっきりわからない。
アンモニアを亜硝酸塩に変える微生物は、単一種のみではない。
ニトロソモナスのこともあれば、ニトロソスピラの場合もあり、ニトロソコッカスだったり、ニトロソビブリオだったり、古細菌が奮闘するかもしれない。
亜硝酸塩を硝酸塩に変えるのだって、ニトロバクターのこともあれば、ニトロスピラが頑張っているかもしれない。

水質や水温といった環境に応じて、どんな種類の微生物が、どんな割合で定着するかが決まってくる。
どの水槽でも同じ微生物が同じ割合で働いているとは考えない方が良い。
飼育者は微生物の組成や量をきちんとコントロールできない。
微生物たちが勝手にバランスを構築するのを待つほかない。


市販のバクテリアを入れなくても、彼らは風に乗り、あるいは魚やエビや水草に付着し、もしくはあなたの手指に取りついて、水槽へ入り込む。
偶然、一個の細菌が入り込むというような、確率の低い話ではない。何千何万のバクテリアが室内や自分の体表面にいる。
新天地に乗り込んだ幾多のバクテリアが生存競争を繰り広げ、安定したバランスがもたらされる。

市販のバクテリア、ものによってはボトルの中で死滅していそうだし、立ち上げた水槽の環境で旺盛に頑張ってくれるとは限らない。

それよりは、すでに立ち上がっている同じような環境の水槽から、飼育水や浮泥をおすそ分けしてもらう方が微生物たちの定着の確率は高い模様。

そのようなツテもなく、1本目の水槽を新規立ち上げするときであれば、ギャンブル的に市販バクテリアを投入してみてもいい。
プロフィール

デンドロ

Author:デンドロ
有益かもしれないしそうでもないかもしれない

最新記事
カテゴリ
カウンター
最新コメント
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。