FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バクテリア剤の功罪

 「硝化」のプロセスを意識したろ過システムを構築した方が魚にも優しい、飼育者の手間も省ける、そういう方向に業界がシフトしていったのはいいことだと思うんだよね。功罪の「功」ですわな。

 もちろん、そういうプロセスを意識した商品を売ることができるからって意図はあって、メーカ・業界としてはうまく需要を作り出した感じなわけですが、まあいいでしょう。

 問題はそのあとなんだよね。「バクテリアを積極投入しましょう」的なところ。ここが怪しいんだな。功罪の「罪」だと思うんだよね。

 メーカ側が説明する硝化のプロセス、特に各プロセスでどんな微生物が役に立ってるのかって・・・きちんと説明できてるわけじゃないんだよね。つーか、メーカも十分に理解できてなかったんだな。

 メーカや業界は、土壌(というか…畑とか)中での硝化作用の理屈を、水槽内でも同じだろうってことで適用したんだな。で、そのプロセスで活躍するはずの細菌群を培養して売り出すにいたったわけだね。昔は知見も少なかったから、仕方ないといえば仕方ない、妥当と言えば妥当って感じだけど。

 ところが、実際のところは…メーカの売り文句や飼い方指南には一切出てこなかった「古細菌」が、フィルターの中で相当頑張ってるって研究結果が出てきてるんだよな。

 しかしメーカは、この「古細菌」の話題にあまりついてきていない、というか対応できていない。古細菌の培養はまだまだ確立途上だからね。なかなか商売にできない。

 商売にできないうちに、「フィルターの中では古細菌が頑張ってます!普通のバクテリアはあんまりゴニョゴニョ」なんて声を大きくして言えないよね。自分で首絞めてどうすんのって。

 だから、古細菌の存在なんか無視するかのごとく、従前どおりの硝化プロセスを説明し、せっかく確立した有用(のはずだった)細菌群を売るしかないんだな。まあ、まったく役立たずというわけでもないだろうし、毒にはならないだろうし、許容範囲と言えば許容範囲かな、ってところだね。

 しばらくして、硝化プロセスに関与している古細菌の分離・培養が確立されたら、売り出すと思うよ。「実は古細菌が頑張ってました!これからは古細菌です!」って、センセーショナルな感じでね。

 っていうかね。
 よくわかんない培養液に浸った、生きてるのかどうかも判然としない「硝化に役立っているであろう」細菌群よりね。
 うまく回っていて、病害金も病害虫も出ていないような水槽・養魚池のフィルターの汚泥やフロックを、新鮮なまま売ってほしいわけですよ。僕はね。
 実際に、水槽の環境を支えている微生物がびっしりいるのは確実で、定着の可能性も高いだろうし、意図的には培養できないような細菌、古細菌もちゃんと入ってるだろうしね。
 エビとか魚を買った時のように、「死なないように」「フレッシュなまま」梱包してくれたらベストだね。

 まあ、そんなことしなくても、空気中にはおびただしい微生物が舞っていて、その中には硝化の一助となるやつもいっぱいいるわけでね。そいつらはもう、必然的に水槽内に入ってくるわけですから、のんびり待てばいいんですけどね。セッカチさんは、待てないかもしれないけどね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

デンドロ

Author:デンドロ
有益かもしれないしそうでもないかもしれない

最新記事
カテゴリ
カウンター
最新コメント
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。