FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エサのNPK

魚のエサの成分表示は、必ずしも詳細なものではなく、果たしてどれだけの窒素、リン、カリが含まれるのかは明らかではない。

が、ある程度の推測はできる。



魚のエサの主な原料は、フィッシュミール、小麦粉、脱脂大豆あたり。



フィッシュミールは要は魚肉や魚骨等を窯で炊いたもので、タンパク質に富む。

飼料用で流通するほか、肥料用としても流通する。中身はそう大差ないらしい。

肥料として使う場合の紹介文を見るに、窒素が8%、燐酸が6%程度といったところらしい。カリウムはほぼ無し。


脱脂大豆は、油を搾ったあとの大豆のカス。これも飼料又は肥料として流通する。

窒素、燐酸、カリをそれぞれ概ね7%、1%、2%程度含むらしい。


小麦粉は、薄力粉か強力粉かわからないが、食品成分表からはじけば、窒素は2%前後、燐とカリウムは少なく1%に満たない。


フィッシュミールをベースこれらを組み合わせれば、たいていの場合、窒素分が多く、燐酸はそこそこ、カリウムはちょびっとということになるだろう。



生体を含めた水槽全体としてみれば、窒素とリンは外部から供給されやすく、カリウムはそれらに比べ供給されにくいというのは間違いなかろう。



しかし、こういうエサが魚の体内を経由して、水槽の中にどういう比率で排泄されるのかはわからない。


窒素とリンだけうまく同化され、カリウムだけ排泄されたりするのだろうか。
まあそういうことは無いんだろうな。今日も硝酸塩はたまっていくわけだし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

デンドロ

Author:デンドロ
有益かもしれないしそうでもないかもしれない

最新記事
カテゴリ
カウンター
最新コメント
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。