FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩素とクロラミン


魚を飼うにしろエビを飼うにしろ、水道水を直接水槽に入れることはやめ、汲み置いた水や、一度沸かした水を用いるべし。最悪でも、ハイポ(チオ硫酸ナトリウム)を使うべし。

塩素(カルキ)を飛ばして、生体へのダメージが少ない水を用意すべし。

そういうふうに、多くの解説書や解説サイトに記載されている。



塩素というと、純粋な塩素ガスを直接、水に添加しているイメージがわくが、必ずしもそうではない。

次亜塩素酸ナトリウムや次亜塩素酸カルシウムという、塩素を含んだ化合物を混ぜ込んでいることが多い。

塩素を直接添加した場合も、次亜塩素酸塩を添加した場合も、結局水の中では次亜塩素酸、次亜塩素酸イオンが生じている。塩素が塩素のまま水に溶け込んでいるイメージはあまり正しくない。

こいつらはタンパク質と触れ合うと、これを酸化、塩素化する。要は変質させちゃったりする。

当然、生物を構成しているタンパク質も影響を受ける。

だから細菌などを殺すことができ、感染力を持った病原体が含まれない安全な水道水をつくることができる。

これが仇になり、新鮮な水道水を魚やエビたちに浴びせると、そいつらも影響を受ける。
耐性の無い種類・個体はこれで調子を落とし、場合によっては死んでしまう。

また、水槽内には有象無象の微生物が多数いて、水質の浄化に役立っている。そこに殺菌力を持ったままの水道水を入れると、微生物たちも影響を受ける。


なので、次亜塩素酸や次亜塩素酸イオンをなくすために、水道水にひと手間加えたほうがいい。


こいつらはあまり安定した物質ではないので、徐々に分解していく。
紫外線を当てたり加熱したりすると、分解はなお促進される。日向に出したり沸かしたりするのは、理にかなっている。
最終的に綺麗に揮発して消え去るのではなく、残滓としてごく微量の塩化水素(水に溶ければ塩酸)とか塩化ナトリウム(つまり塩)になるわけだが、これは生体への毒性など無視していいレベル。見なかったことにする。

ということで、汲み置いたり沸かしたりすることで、生体にやさしい水づくりができる。



と、ここまでは良く目にする話。


もう一つ、気にしたほうがよい成分がある。


それは、クロラミン。

クロラミンは塩素化合物の1種で、次亜とアンモニアが反応してできる。

次亜ほどではないが、これも殺菌力を持つ。水道水にも含まれている場合がある。

水道法施行規則第17条第3項では、「給水栓における水が,遊離残留塩素を0.1mg/L((結合残留塩素の場合は,0.4mg/L)以上保持するように塩素消毒をすること(後略)」とされている。

遊離~がいわゆる普通の塩素、結合~がクロラミン。


クロラミンには、モノクロラミン、ジクロラミン、トリクロラミンの3種類がある。前2者は安定した物質で、なかなか分解しない。

クロラミンは、多少水を汲み置いたり、沸かしたりする程度では除去できない。

水道水を汲み置くときに吸着力の高い活性炭も一緒にたくさん漬けておくとか、クロラミン除去を謳ったアクアリウム用の水質調整剤を用いるのが吉。



また、クロラミンは水槽内でも発生する。

水道水に含まれる次亜塩素酸等と、水槽中で発生したアンモニアが反応すれば、クロラミンができる。

水槽内でのクロラミンの発生を防ぐためにも、水道水をそのまま使うのはやめようね、という言い方もできる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

デンドロ

Author:デンドロ
有益かもしれないしそうでもないかもしれない

最新記事
カテゴリ
カウンター
最新コメント
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。