FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バクテリア?


ニトロソモナスが云々とか、ニトロバクターが云々とかいうことは考えなくて良い。
最近の研究では、フィルター内ではこれらのバクテリアはあまり役立っておらず、むしろこれまで無視されてきた(知られもしなかった)古細菌が頑張っている例が多いという報告もある。
自分の水槽にどのようなバクテリアや古細菌がいるか、個人レベルで検出・同定できる人はごく少数だ。
ニトロソモナスが頑張っている「はず」
ニトロバクターが増えてきた「はず」
でしかない。


だから、硝化バクテリアの名称なんぞにこだわる必要はない。

理解すべきは、大まかな生物濾過のメカニズムだけでよい。

タンパク質が分解されるとアンモニアが出る。
アンモニアは亜硝酸塩になる。
亜硝酸塩は硝酸塩になる。
水槽内ではやや難しいけど、硝酸塩は再び亜硝酸を経て窒素になる。

分解の過程には、微生物が関与している。
どんな微生物が関与しているかは、状況による&はっきりわからない。
アンモニアを亜硝酸塩に変える微生物は、単一種のみではない。
ニトロソモナスのこともあれば、ニトロソスピラの場合もあり、ニトロソコッカスだったり、ニトロソビブリオだったり、古細菌が奮闘するかもしれない。
亜硝酸塩を硝酸塩に変えるのだって、ニトロバクターのこともあれば、ニトロスピラが頑張っているかもしれない。

水質や水温といった環境に応じて、どんな種類の微生物が、どんな割合で定着するかが決まってくる。
どの水槽でも同じ微生物が同じ割合で働いているとは考えない方が良い。
飼育者は微生物の組成や量をきちんとコントロールできない。
微生物たちが勝手にバランスを構築するのを待つほかない。


市販のバクテリアを入れなくても、彼らは風に乗り、あるいは魚やエビや水草に付着し、もしくはあなたの手指に取りついて、水槽へ入り込む。
偶然、一個の細菌が入り込むというような、確率の低い話ではない。何千何万のバクテリアが室内や自分の体表面にいる。
新天地に乗り込んだ幾多のバクテリアが生存競争を繰り広げ、安定したバランスがもたらされる。

市販のバクテリア、ものによってはボトルの中で死滅していそうだし、立ち上げた水槽の環境で旺盛に頑張ってくれるとは限らない。

それよりは、すでに立ち上がっている同じような環境の水槽から、飼育水や浮泥をおすそ分けしてもらう方が微生物たちの定着の確率は高い模様。

そのようなツテもなく、1本目の水槽を新規立ち上げするときであれば、ギャンブル的に市販バクテリアを投入してみてもいい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

デンドロ

Author:デンドロ
有益かもしれないしそうでもないかもしれない

最新記事
カテゴリ
カウンター
最新コメント
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。